入れ歯(義歯)について|岡山・倉敷の歯科医院【米田歯科医院】一般治療から、床矯正やミラクルデンチャー等の最新歯科治療まで取り扱っています。

入れ歯(義歯)について

歯並びのアーチは、よく石組みのアーチ(トップの写真)に例えられます。
1〜2個欠けても、すぐに崩れることはありません。
歯も同様に、残っている歯で暫くは何とかなります。
しかし、ジワジワとバランスを崩し、歪みが生じ、負担も増してきます。
場合によっては口やアゴにとどまらず、首・肩・手足にも波及していきます。
ひどくなると他の臓器にも悪影響を与えます。(カラダは1つのユニットですから)

そうならない為に、歯が抜けた所は長期間放置せず、補っておいたほうが良いのです。
補う方法としては、入れ歯(義歯)、ブリッジ、インプラントが有ります。
ファーストチョイスは、入れ歯(義歯)が良いと思います。
健全な歯や顎を削って傷めることがない。外せるので、お手入れが簡単(入れ歯も口の中も)。体の変化に対して柔軟に対応しやすい。
など、多くのメリットがあるからです。
ただ、従来の入れ歯には違和感が強い、見た目が悪い、バネをかける歯に負担がかかり傷めやすい。などデメリットもありました。
そのため「入れ歯」と聞いただけで、気持ち悪い、見た目が悪い、年寄りくさいといった悪いイメージが強いと思います。

「ミラクルデンチャー」はそれら多くの欠点を克服して本当に歯にやさしい、体にやさしい入れ歯です。

ミラクルデンチャー

入れ歯で困っている方

ミラクルデンチャーの中身

ミラクルデンチャーの金属床は義歯の変形を防ぎ、義歯をうすく出来ることから価値のあるものです。
大事に使って頂ければいつまでも入れた時の状態が持続します。

  • 上顎は口蓋(大きな床の部分)が抜けており,本来の食べものの味わいを取り戻すことが出来る。
  • 今まで、1歯欠損から13歯欠損の部分入れ歯で、不適応を経験しない。
  • 従来の義歯と比べて、ほとんど何でも噛める。
    (おかき、おもち、するめ、ごぼう、コンニャク、タコ、イカ等の刺身)
  • 義歯を装着しても(重たい金属床であっても)自分の歯のように錯覚するぐらい軽い。
  • 1本の歯さえあれば可能であり、しかも上の義歯では口蓋部(のどをおおっている部分)を取り除くことが出来る。
  • はめている時にはまっていないと思い、はめていない時にはまっていると錯覚する患者さんが多い。
  • 維持装置(ミラクルタッチ)は、前歯部でも、目立ちにくく、従来の義歯と異なり審美的に良くなり、義歯であると人からはばれにくい。
  • あくび、くしゃみ、大笑いしても外れることがない。
  • 義歯が初めての人でも、抵抗なく義歯を入れる事ができる。
  • 外しているより、入れている方が楽で、入れるとホッとすると証言する患者さんが多い。
  • 顔の表情が良くなった患者さんも多い。
    (口元の緊張が緩み、また口元を気にしなくなるので、自然な顔立ちとなる)
  • 義歯の床の下に不思議なほど食べものが入りにくい。
  • 非常に喋りやすくなる。
    (義歯が小さくなり、口蓋が抜けているので、舌房も広くなり喋り易くなる)
  • 初期には着脱に努力を求められるが、すぐに慣れ、慣れると、患者さん本人が一番うまく着脱出来るようになることが多い。
  • ミラクルは多様性があるので、従来の義歯よりも修理を行いやすい。
  • 揺れている歯に装置をかけると、その歯の動揺を止め、むしろその歯を保護してくれる。

 

電話でのお問合わせ